●社会保険労務士の仕事を把握する!

●社会保険労務士の仕事を把握する!

■社会保険労務士の法定業務

前のページでは、社会保険労務士資格保有者の主な進路すなわち職場について確認しましたので、このページでは、そこでの実際の仕事内容についてご紹介したいと思います。

仕事
社会保険労務士の仕事でまず押さえておきたいのが、「法定業務」と呼ばれる仕事です。法定業務というのは文字通り、法律によって定められた仕事のことで、これを知らずして、社会保険労務士として働くことはできません。

社会保険労務士の法定業務には、1号業務「申請書等の作成・提出手続き代行・事務代理」、2号業務「帳簿書類の作成」、3号業務「相談・指導業務」の3つがあり、このうち、1号ならび2号業務は独占業務といって、社会保険労務士だけに許された仕事となっています。たとえば、社員の入退社に伴う書類の作成などがそれに該当します。

一方、3号業務は独占業務ではありませんので、社会保険労務士の資格を持っていなくても誰でも行うことができます。
なら、社会保険労務士がわざわざやらなくても良いのではと思うかもしれませんが、仕事の旨みとしては、むしろこの3号業務の方にあります。


■社会保険労務士の仕事は多種多様

1号・2号業務というのは、言ってみれば書類の作成ですので、誰がつくっても同じものができます。そこに付加価値を付ける余地はありませんし、よって高額な報酬を期待することはできません
それに対して3号業務は、コンサルティング業務ですので、アイデア次第で多種多様なサービスを提供できるとともに、付加価値だって自由に付けることができます。そのぶん、高額な報酬が期待できるのは言うまでもないでしょう。

社会保険労務士が提供するコンサルティング業務には、たとえば人事制度の構築、社員教育、就業規則の見直し、助成金に関する相談などがあります。
ただ、先ほども述べたとおり、これらは社会保険労務士の独占業務ではありません。人材系のコンサルティングファームなどともろにバッティングする分野でもあるので、高額な報酬が期待できるぶん、顧客の奪い合いは避けられません

また、上に見てきた法定業務とはテイストが大きく異なりますが、社会保険労務士には、執筆の仕事、さらにはセミナーや資格の学校等での講師の仕事などもあり、その活躍の場は非常に広いと言えます。


>>社労士に合格するための最もおすすめ勉強法とは

関連記事

  1. ●社会保険労務士の年収について知る!
  2. ●社会保険労務士試験の合格率を知る!
  3. ●社会保険労務士試験ならではの特徴を理解する!